木住研からのお知らせ

2012年05月26日

連続講座-第18回 法律が建築から自由を奪う日 改正省エネ法の義務化で伝統的構法の家はどうなるのか? 6/2(土)

伝統構法を考える勉強会
第18回 
法律が建築から自由を奪う日
改正省エネ法の義務化で伝統的構法の家はどうなるのか?


2012-0603koremoku.jpg昨年の3.11原発事故は、日本のエネルギー政策の歪みや矛盾を顕在化させてしまった。未だに利害関係者の綱引きが続けられ、その解決の方策は見出しきれていない。そういった中で、限りあるエネルギー消費を減らす方策に対しては諸手をあげて賛意が表明されている。再生可能エネルギー利用と省エネが解決の方策であるかのような空気も感じられる。建築における省エネは、建築内外で使われる熱源機器の効率やその熱損失の制御によりエネルギーの必要量を減らしていくことが目標とされ、単純には建築の断熱性能を高めることが求められる。
 現在、国土交通省では次世代省エネ基準を300u以下の建築(住宅規模)にも2020年から“義務化”する法整備を進めており、そのことに対するパブリックコメント(6/11締切)を求めている。この基準に照らせば、分厚い断熱材で覆われることが要求され、伝統的構法の家を実現することは実質的に困難となる。改正省エネ法の目的は、地球温暖化対策や低炭素社会に向けての技術革新、新築に限らず既存建物の断熱化による経済刺激策など網羅的で焦点が曖昧である。技術革新やその向上はものづくりの目標としては理解できても、法律そのものの効果が国民に義務化を迫り、建築の自由度を拘束するほどのものであるのかどうか、はなはだ疑問な点が多い。はたして、この規制は国民の幸せにつながる事になるのだろうか。
 そこで今回、改正省エネ法の義務化は伝統的構法にとってどういった問題が生じ、建築技術への制限ばかりでなく、日本の建築文化や日本人の生活感をも壊しかねない法律制定の裏を熊本で伝統的構法の家づくりを実践している古川さんに解き明かしてもらい、論点整理を試みたい。

【日時】平成24年6月2日(土)  13:30-16:30  
【会場】東京芸術大学美術学部  中央棟2階第3講義室 
   (台東区上野公園12-8)
【講師】 古川 保氏 すまい塾 古川設計室(有)代表
【定員】80名(申込順、定員になり次第締切)
【参加費】2,000円
【問合せ】これ木連事務局
       (NPO日本民家再生協会内 担当:金井)
         TEL:03-5216-3541 FAX:03-5216-3542
【申込・詳細】http://koremoku.seesaa.net/article/270846545.html 
        をご参照ください。

2012年02月08日

【終了】「青梅・小さな木組みの家」構造見学会(2/25)のお知らせ

2012-0225-5001.jpgホームページ「ただいま木の家普請中」にて木組みの家のできるまでをご紹介しています。
このたび「青梅・小さな木組みの家」が上棟します。建て主さんのご好意により、木の家づくりをご検討中の皆様を対象に、構造見学会を開催いたします。新築ばかりでなく増築やリフォームの参考にもなります。この機会にぜひご覧ください。
木組みは伝統的構法による棟梁の手によって組み立てられます。木の持つ特徴を活かし、丈夫で、かつ自然志向の家づくりで、これからの生活空間をつくります。
土壁塗りは建て主さんのセルフビルドで、こだわりの家づくりが実現します。

◆日時: 2012年2月25日(土) 
10:00〜15:00
※14:00より木組みの架構の特徴などの説明会を行ないます。
※天候により延期となる場合にはご連絡いたしますので、事前にお申込ください。
◆場所: 東京都青梅市千ヶ瀬町 
※JR青梅線 東青梅駅より徒歩15分 
◆対象: 木組みの家づくりをご検討の皆さま
※専門家で興味のある皆さまには別途見学会の企画の予定です
◆申込:見学会のご案内(pdf) 
申し込み内容をご記入の上、以下のいずれかの方法でお申込み下さい。
案内図をご案内いたします。
@メールフォームより
AFAX(ご案内裏面の申込み書)
 ※別日程で見学をご希望の方はその旨ご記入ください。
◆主催:一級建築士事務所 木住研(設計)
久道工務店(施工)
続きを読む
posted by 太郎丸 at 11:20| Comment(0) | 見学会・ワークショップ

2012年01月20日

2軒の建て方の動画をアップしました

すでに完成している「石神井の木の家」「東村山の木の家」の動画を2本YouTubeにようやくアップしました。「木住研の仕事」に掲載しています。
ビデオテープからのダビングを再編集しました。改めて見ると見落としていた点なども発見できて、振り返りは大切だなと思います。2012_0120_500.jpg
posted by 太郎丸 at 01:43| Comment(2) | お知らせ

2011年11月09日

【プロ向け】「伝統的構法の設計法作成及び性能検証実験 検討委員会」が全国8ヶ所キャラバンツアー 講演会&意見交換会[10/29(土)-12/18(日)]

※川越会場まだ定員に達していないため申し込めると思います[11/9]
建築の専門家に向けた企画のお知らせです。
私もワーキンググループで関っている「伝統的構法の設計法作成及び性能検証実験 検討委員会」が全国8ヶ所キャラバンツアー 講演会&意見交換会を開催します。
関東では11/13(日)川越会場がお勧めです。会場の茶陶苑は蔵の町並みの一角に位置していますので、午前中に蔵の町の見学もよろしいかもしれません。
申込みが必要となりますので下記の公式ホームページ(申し込みフォーム・ちらしのDLがあります)をご確認の上、ご参加ください。

■詳細情報 http://green-arch.or.jp/dentoh/news.html#a15

s2011_1029dentou-iinkai.jpg続きを読む
posted by 太郎丸 at 11:02| Comment(0) | 関連情報

2011年11月07日

ただいま木の家普請中「小さな木組みの家」が始まります

ただいま木の家普請中で、「小さな木組みの家」が始まります。
s2011_0725_032.jpg9坪ととてもコンパクトにまとめた木組みの家の工事の様子をご覧いただけます。

壁は土塗り壁で、左官工事あるいは家具、電気工事などご夫婦がセルフビルドにチャレンジです。
来年には、いろいろな場面で見学会やワークショップの計画も検討していますので、家づくりを検討中で木組み、土壁に興味をお持ちの方はご連絡ください。事前にご連絡を差し上げます。    【お問い合わせコチラから】
posted by 太郎丸 at 14:36| Comment(0) | お知らせ

2011年10月19日

建築知識 2011年11月号 「木造現場まるごと用語辞典」

■特集 今どきの「職人言葉」も網羅!木造現場まるごと用語辞典
木の家おすすめ本へ 執筆していた建築知識11月号が発売されました。(本日見本誌がとどきました)
表紙は今までの建築知識の趣とだいぶ雰囲気が異なり、特集のテーマにあった職人文化の空気が感じられるような、いい感じに仕上がっています。
複数の執筆者で書いていますが、全体を見るのはこれが初めてで、やっとできたという感慨がこみ上げてきます。
今回の解剖図は新たに起こし直しましたので、けっこう難儀しました。3Dソフトで描けばと言われそうですが、なかなかどうして・・・。
今どきの木造住宅で、という切り口で編集者とも打ち合わせて、考えていましたが、その用語の多くは受け継がれてきたものがほとんどという結果でした。
考えてみれば歴史の積み上げでしか技術は進歩、発達しませんから、当然と言えば当然なことなのですが。
都内の曳き屋の頭のところにも取材に伺いましたが、新人教育などでは、かつてとは様相が変わっていることは多々あるようで、言葉の通じないことのないように、社内教育用のテキストも作っているとのことでした。
今回の特集の本文では、「鳶」「大工」の項を担当しています。
図解ですので、専門の方に限らず、家づくりを考えておられる方にも参考になる部分があり、楽しい読み物にもなるように思います。書店で手にとってご覧ください。
posted by 太郎丸 at 19:20| Comment(0) | お知らせ

2011年08月12日

全国削ろう会川越大会(9/10・11)

第27回全国削ろう会が今年は川越で開催されます。

プロ、アマチュアを問わず全国から自慢の鉋を持ち寄って、究極の鉋の技を競います。

職人の技などを知るイベントやブースなどが企画され、親子で楽しめる2日間になると思います。

仲間の棟梁たちも多数参加します。

2011-0911kezuroukai.jpg
※大会URL(短縮):http://urx.nu/9xI
posted by 太郎丸 at 11:44| Comment(0) | お知らせ

2011年03月21日

被災されました皆様にお見舞い申し上げます

3月11日に発生した東北地方太平洋沖地震発生時には、都内に居て今までに経験したことのない大きな揺れを体験しました。
目の前で10階建てのマンションが揺れる様を見たときには恐ろしいことが起こってしまったと感じました。
直後に自衛隊機撮影の名取川に沿って襲ってくる津波の映像にはただ呆然として見入っているしかありませんでした。
あれから、すでに10日が過ぎましたが、報道などにより日々その現実の厳しさを突きつけられ、ザワザワしている気持ちが今も続いています。

このたびの震災で被災されました皆様には心よりお見舞い申し上げます。
また、一日も早い復興をお祈り申し上げるとともに、建築に携わる者としてこれからできることを考えていきたいと思います。

木住研・宮越

posted by 太郎丸 at 17:43| Comment(0) | お知らせ

2011年03月14日

0314 【中止】 木の住まいの魅力展2011(OZONE)連動セミナー

※3/15開催予定のセミナーは
  東日本大震災の影響により中止となりました[3/14]
日本の森林を資源として見直し、木の住まいの魅力と活用法を紹介する企画展「木の住まいの魅力展2011」
が,新宿OZONEで3/3(木)〜3/22(火)開催されます。

※詳細はOZONEのイベント情報をご覧ください。
2011_0315_001.jpg
このイベントに連動してセミナーが開催され、1講座を宮越が担当します。
テーマはプロ向けの内容です。
【06】
今求められる木造住宅らしさとは 〜大工の技を活かして性能の時代を乗り切る〜
木造技術の再評価が進む中、設計者として大工棟梁との連携で家づくりを進めるためのコツを伝授します。
また、林野庁からは国産材の状況と行政の取り組みを紹介します。
日時:3月15日(火)
    18:30〜19:30
講師:青井秀樹
 (林野庁林政部木材産業課)
宮越喜彦
 (一級建築士事務所 木住研)
会場:8F セミナールーム
参加費: 無料
定員: 40名
対象:住宅・木材加工・
インテリア業界の方
2010_1023_0096s.jpg
※詳細は講座の案内ページをご覧ください。
posted by 太郎丸 at 16:37| Comment(0) | お知らせ