木住研からのお知らせ

2018年09月03日

まちの先生講座「あのころ入間にはアメリカがあった」受付始まりました

今年のまちの先生講座(全36講座)の中で、ジョンソン基地時代についてお話しさせていただく機会を得ました。
入間市の文化遺産をいかす会で数年かけて調べてきたことを中心とした内容です。
この町には現在、航空自衛隊入間基地がありますが、「あのころ」には「アメリカ」がありました。
現在の町が出来ていく過程でその影響はとても大きかったはずですが、ほとんどが記憶の中のものとなっているように思われます。
machinosensei-2018-JAB-1.jpg
 ※まちの先生講座「あのころ入間にはアメリカがあった」用チラシ(pdf)
【講座番号】 12
【講座名】 あのころ入間にはアメリカがあった
【日時・場所】
 1回目 11/8(木)  市民活動センター(イルミン)
 2回目 11/15(木)  13:30〜15:00      
 3回目 12月上旬 入間基地見学
【参加費用】 1,500円(資料代・保険代)3回通し
【詳細・申込】 いるまなびと 2018年度まちの先生講座・受講生の募集
 https://irumanabito.net/2018_machinosensei_lecture/
【申込み期間】 9/3〜9/28
  
posted by 太郎丸 at 20:46| Comment(0) | 入間市の文化遺産をいかす会

2018年04月03日

彩の森入間公園 開園20周年 Anniversary …4/15

彩の森入間公園も開園20周年になるそうです。
かつて、この場所はジョンソン基地と呼ばれていた時代がありました。
入間市の文化遺産をいかす会の中で、この数年間はその時代のことを調べています。
まだまだ、断片的な事柄しか分かりませんが、公園となるずっと以前にこの場所がどんな様子であったのかなどをお話しさせていただくことになりました。
当時の写真等も展示させていただく予定です。

2018-0415saimori.jpg
posted by 太郎丸 at 17:18| Comment(0) | 入間市の文化遺産をいかす会

2013年11月27日

12/15 見学会&講演会 「ジョンソン基地の米軍ハウス 〜入間の中のアメリカ〜」

ジョンソン基地の町だった入間市の「ハウス」の歴史的背景や生活の様子、文化的な影響などを掘り起しながら、戦後占領期の文化史的意義を考えます。入間市市民提案型協働事業として行ないます。
ikasukai-2013-1215-600.jpg
画:中島太意さん
【日程】平成25年12月15日(日)


午前の部 見学会 旧米軍ハウスのガイドツアー
○10:00〜11:50  その後タウン内自由散策。
○13:00までに産業文化センターへ移動し、講演会に参加。
【集合場所】ジョンソンタウン(入間市東町1-6-12)
【参加費】1,000円(保険、資料代等。昼食代別)
【定員】:先着80人(要申込)

午後の部 講演会・シンポジウム  
○13:30〜16:30(受付13:00)
 ・基調講演「ディペンデントハウスについて」 内田青蔵氏(神奈川大学教授)
 ・報告 「ジョンソン基地とハウスの歴史」 吉田茂雄氏(入間市の文化遺産をいかす会会員)
 ・パネルディスカッション 「ハウスの文化史的意義」 

コーディネーター::内田青蔵氏
 パネリスト:磯野達雄氏(磯野商会社長)
渡辺治氏(建築家)
谷豊氏(元ジョンソン基地の通訳、基地外のハウス管理)
上田知佐子氏(元狭山市立博物館学芸員)
石川嘉彦氏(入間市の文化遺産をいかす会会長)
【会場】産業文化センター(入間市向陽台1-1-7)
【参加費】500円(資料代) ※講演会の事前申込みは不要。
【主催】入間市の文化遺産をいかす会、市教育委員会
【協賛】ジョンソンタウン、埼玉建築士会入間第二支部入間部会

※詳細は入間市の文化遺産をいかす会のホームページ
posted by 太郎丸 at 06:38| Comment(0) | 入間市の文化遺産をいかす会

2013年05月10日

[企画展]ヴォーリズと武蔵豊岡教会展(5/19〜)in 入間丸広百貨店 &[まち歩き] こけーら散歩2013・春(5/25)

 大正から昭和の時代に日本全国で活躍した米国人建築家W.M.ヴォーリズ(1880年〜1964年)は、戦前だけでも1,500件余りの建築を手がけたと言われます。彼は、教会建築や学校、オフィスビルなどの大きな建築ばかりでなく、住宅や別荘など幅広く手がけ、当時の生活のスタイルなどにも影響を与えました。
 そのW.M.ヴォーリズが設計した教会堂が入間市河原町に建っている日本キリスト教団武蔵豊岡教会の建物です。1923(大正12)年に献堂式が行なわれていますから今年でちょうど築90年となり、歴史的にも貴重な文化遺産となっています。その献堂式の関係者招待リストにはカタカナで「ボーリス」と書かれています。
 現在、国道16号拡幅に伴う区画整理の工事によって、年内には教会堂も曳家工事が行なわれる予定です。
 この機会に、武蔵豊岡教会とそれを設計した建築家W.M.ヴォーリズとにスポットを当て、当時の写真や図面、記録、出版物などを通して、入間に残っている貴重な文化遺産を身近に感じる企画展を開催します。
 また、同時に連動してまち歩き「こけーら散歩2013・春」を開催し、武蔵豊岡教会堂と旧石川組製糸西洋館を見学します。

2013-0519-470.jpg
【日時】 平成25年5月19日(日)〜26日(日)
    10:00〜19:30(最終日17:00まで)
    19(日)14:00より オープニングイベント 
【会場】 丸広百貨店入間店 1階エントランスホール
【入場料】 無料
【主催】 入間市の文化遺産をいかす会
【協力】 日本キリスト教団武蔵豊岡教会・入間市博物館・丸広百貨店入間店
【問合せ】 ・FAX:04-2962-3424(石川洋行内)
・メール: iruma_ikasukai@yahoo.co.jp
2013-0525-470.jpg
【日時】 平成25年5月25日(土)  13:00集合 
   まち歩き・見学会13:30〜16:30 
【集合場所】 入間丸広百貨店1階エントランス   ※解散は入間市駅北口
【募集人数】 30名 先着順
【参加費】 1,000円
【申込み・期間】 「こけーら散歩参加希望」と表題を付け、参加者全員の氏名・生年月日、住所・連絡先電話およびFAX番号を明記の上、以下の方法で5月13日から5月22日(水)までの間にお申込みください。
[案内・申込書]
・FAX: 04-2962-3424(石川洋行内)
・メール: iruma_ikasukai@yahoo.co.jp
【問合せ】 申込み先に同じ
【主催】 入間市の文化遺産をいかす会
【後援】 入間市教育委員会
【協力】 日本キリスト教団武蔵豊岡教会・入間市商工課

※詳細は、画像をクリックか入間市の文化遺産をいかす会のHP
posted by 太郎丸 at 13:36| Comment(0) | 入間市の文化遺産をいかす会