2006年07月29日

埼玉県産材を使ってスローな家づくりはいかが!! 第2弾

2006_0701_001.jpg 

 今回は春に行った飯能でのイベントの第2弾と位置づけています。場所は飯能の北側に位置するときがわ町。 「協同組合彩の森ときがわ」と私たち埼玉の木を考える委員会との協働開催となります。埼玉県の木材利用推進室とも調整を行いながら春以降から企画していたものです。
 今回のイベントを受けて秋にはときがわの森で伐採見学会を開催することになっています。その木を葉枯らしして、製材後天然乾燥をおこない、職人の手による木の家づくりをしましょう、という家づくりの物語のはじまりです。

※詳細は埼玉の木を考える委員会のページへ

春には、木造住宅[私家版]仕様書を割引価格で販売させていただきましたが、ご好評でしたので、今回も用意させていただきます。木組みの家をぜひご研究ください。
※梅雨明けの日差しの中、50名近くの参加を得て無事に終了しました。
 
■当日の1コマ 
当日は継手仕口のペーパーモデルを持っていき、丈夫な家づくりは木組みの基本を押えることお伝えしようと思いました。このモデルは、ものつくり大学のインターンシップで当事務所に来ている雨宮君に精度良く作ってもらいました。
2006_0729_082ss.jpg 
お子さんたちにとっては、つまらないセミナーよりたいそう興味を持ってくれた感じです。組みながらバキッ。ちょっとやな音。雨宮君の顔が緊張しましたが、事なきを得ました。
立体を組むために、2次元で展開を描くことは建築の良いトレーニングになったことでしょう。

※当日の様子
posted by 太郎丸 at 10:54| Comment(0) | お知らせ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: